TAC社労士講座の評判は?他社との比較・口コミも掲載!

\2022年 本試験 特設コーナー/

本試験解説
無料!本試験解説テキスト / 申込期限:10月31日
アガルート 公式HP
本試験徹底分析会 DVD進呈/ 9月16日
クレアール 公式HP

「資格といえばTACのイメージがあるけど、実際どうなの?」
「TACと他社の講座は何が違うの?」

本記事はこのような疑問を解決する内容になっています。

資格取得する際に必ず名前が挙がるのが、「LEC」、「TAC」や「大原」といった大手の講座だと思います。

他にもたくさんの講座があり、自分に合っている講座を探すのは困難です。

この記事では、TACの社労士通信講座の特徴を解説し、他社との比較も詳しく見ていきます。

実際に受講された方の評判や口コミを掲載していますので、TACの社労士講座をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\いますぐ講義体験したい方は、こちら

※現在、TACでは早割キャンペーンを実施中です。初学者向けの総合本科生Basic/総合本科生Basic+Plusが通常受講料から一律44,000円 OFF(期間:8月1日〜9月30日)

下記は、2021年度にTACの社会保険労務士講座「総合本科生」を受講して、一発合格した(40代・男性)の受講体験記です。
公式サイトの情報ではわからない本音の部分も聞いているので、TACを検討中の方はぜひ参考にして下さいね。

目次

TAC 社労士講座の特長5つを解説

TACの社労士講座はどのような特徴があるのかを以下にまとめました。

  • プロの講師だから講義の質が高い
  • TACの教材をやれば合格できる
  • 初学者でも無理なく合格を目指せる戦略的カリキュラム
  • いつでもどこでもハイクオリティの講義を視聴できる
  • 通信受講生もTACの教室で講義に出席できる

一つずつ見ていきましょう。

TAC 社労士の特長①:プロの講師だから講義の質が高い

TACの講義は質が高いと評判です。

講師の教育に力を入れており、受講生にアンケートを取って結果を講師たちにフィードバックした上で、厳しく講義内容を評価し改善しています。

教室講座を生収録映像・音声をそのまま流すので、通信講座を受講されている方も、教室講義と変わらない臨場感で講義を受けることができます。

TAC 社労士の特長②:TACの教材をやれば合格できる

TACの教材は評判がとても高く、市販のテキストも人気があります。

インプットばかりの学習ではなく、アウトプットする機会も非常に多いです。

問題演習量が豊富なので、基本講義でインプットした内容をすぐにアウトプットすることで知識定着と実力UPが図れます。

TACでは教材作りに特化した教材作成チームを形成しており、最新の情報と試験傾向の分析を徹底的に行います。

その実績もあり、本試験問題の的中率が高いのも特長です。

TAC 社労士の特長③:初学者でも合格を目指せる戦略的カリキュラム

社労士の勉強はボリュームが多いので、初学者が戸惑うこともあります。

学習を進めていると必ず出てくるのが、「苦手科目」です。社労士試験は全ての科目に合格基準点が設けられているので、全ての科目をバランスよく点数を取ることが必須です。

TACを利用すれば、「導入編」「講義編」「直前編」と段階を踏んだカリキュラムで編成されているので、初学者が戸惑うことなく目の前の学習に集中して合格を目指すことができます。

TAC 社労士の特長④:いつでもどこでもハイクオリティの講義を視聴できる

TACの通信講座は、教室に通わなくてもいつでもどこでもハイクオリティな講義をWebで受けられます。

スマホやタブレットでも視聴できるのはもちろん、動画講義の速度調整が可能なので、講義の視聴時間を短縮することができ、効率的な学習を実現できます。

さらに、アプリで動画をダウンロードしておくと、ネット環境がなくてもいつでもどこでも講義動画を視聴可能で、自分のペースで学習できるのが特徴です。

TAC 社労士の特長⑤:通信受講生もTACの教室で講義に出席できる

「家での学習に飽きてきた」という通信受講生の方にもTACは、教室での講義・答練・演習に出席することが可能になっています。

本科生のWeb通信講座を受講されている方限定ですが、14回を上限に参加できるのでモチベーションアップにも繋がります。

通信受講生が教室で講義を受けられるのは、他の通信講座にはない特徴です。

TAC 社労士講座を他7社と比較!

社労士講座はTACだけでなく、他にもたくさん魅力のある講座があります。

「どの講座が自分に合っているんだろう?」とお悩みの方に、比較表を作成しました。

人気講座6社と比較して下記の項目を比較して見ていきましょう。

  • 講座の価格
  • 合格実績
  • 各社の特徴や強み
  • サポートの充実度

それでは一つずつ比較していきます。

TAC 社労士講座の価格を他7社と比較

まずは、講座の価格を比較してみましょう。

学校講座名価格
TAC総合本科生
総合本科生Wide
総合本科生Wide+Plus
230,000円
264,000円
352,000円
LEC合格コース
中上級コース
スピードマスター合格コース
225,000円
184,000円
152,000円
大原合格コース
社労士24+直前対策
社労士24
195,000円
128,000円
79,800円
フォーサイトバリューセット178,800円
スタディング合格コース46,800円〜
クレアール一発ストレート合格パーフェクトコース192,000円
アガルート入門総合カリキュラム
演習総合カリキュラム
速習カリキュラム
107,000円
118,800円
54,780円
ユーキャン社会保険労務士講座79,000円

※2022年受験対策時の各コースの値段です。時期によってはキャンペーン割引されていたり、コースがない場合もございますので、各公式サイトをご確認ください。

上記のTACの講座価格に加えて、入会金10,000円が必要です。

他社と比較してもTACの講座は値段が高いことがわかります。

TAC 社労士講座の合格実績を他7社と比較

次に、合格実績を比較してみました。※2021年度の合格実績

学校合格実績
TAC442名
LECパンフレットにて多数の合格の声が掲載
大原528名
フォーサイト29.4% 全国平均の3.72倍
ユーキャン※2020年度試験 120名
アガルート25% 全国平均の3.16倍
スタディング65名以上の合格実績者の声が掲載
クレアール105名以上の合格実績者の声が掲載

やはり大手ということもあり、多くの合格者を輩出しています。

具体的な数字で見ていくと、2021年度の社労士試験合格者が2,937人なので、TACだけでも約15%もの合格者を輩出していることがわかります。

高い合格実績を見ても、信頼して受講できると言えるでしょう。

TAC 社労士講座の特長を他7社と比較

各社の特徴や強みを見ていきましょう。

学校強み・特徴
TAC・通信・通学の両方に対応
・ベテラン講師陣によるハイレベルな講義
LEC・通信・通学の両方に対応
・実務に精通した講師陣が、各々自分の得意分野を担当することで、各教科で質の高い講義を提供
大原・電波のない環境でも学習可能
・忙しい人でも学習できる社労士24の評判が高い
フォーサイト・フルカラーのテキスト
・全額返金保証あり
ユーキャン・無制限に質問ができる
・初学者にもわかりやすいテキスト
・独自のeラーニングシステムがある
アガルート・フルカラーで図やイラストが多く、わかりやすいテキスト
・合格特典:3万円 or 受講料全額返金
スタディング・格安で受講できる
・スマホ一つで学習可能
クレアール・短期間で合格を目指せる
・2年間コースが高コスパ
・質問し放題

どの講座も特徴や強みがありますね。

TACは教材を作成する専門チームを設けているので、ハイクオリティな講義を受けることができます。

さらに、本試験の的中率も高いことから、合格率を少しでも上げたい方にオススメできる講座です。

TAC 社労士講座のサポート内容を他7社と比較

最後に、サポートの充実度を比較してみていきましょう。

学校サポートの充実度
TAC・通信・通学の両方に対応
・ベテラン講師陣によるハイレベルな講義
LEC・通信・通学の両方に対応
・実務に精通した講師陣が、各々自分の得意分野を担当することで、各教科で質の高い講義を提供
大原・電波のない環境でも学習可能
・忙しい人でも学習できる社労士24の評判が高い
フォーサイト・フルカラーのテキスト
・全額返金保証あり
ユーキャン・無制限に質問ができる
・初学者にもわかりやすいテキスト
・独自のeラーニングシステムがある
アガルート・フルカラーで図やイラストが多く、わかりやすいテキスト
・合格特典:3万円 or 受講料全額返金
スタディング・格安で受講できる
・スマホ一つで学習可能
クレアール・短期間で合格を目指せる
・2年間コースが高コスパ
・質問し放題

上記の表を見てもTACのサポートの充実度は高いことがわかると思います。

本科生限定ですが、通信受講生が教室で講義を受けることが可能ですし、自習室で勉強することもできます。

質問回数に上限があるのはデメリットですが、他のサポートが充実しているので大きなマイナスにはならないでしょう。

TAC 社労士講座の評判と口コミは?

実際にTACを受講された方の評判や口コミをまとめました。

良い評判だけでなく、悪い評判も掲載していますのでぜひ参考にしてください。

 TAC 社労士講座の良い評判と口コミ

時間のない方のために要約すると、

  • いつでもどこでも講義が聴けるのがよかった
  • わかりやすい講義でよかった
  • 自習室が静かで学習環境として快適

 TAC 社労士講座の悪い評判と口コミ

次に、TACの社労士講座の悪い評判と口コミをまとめました。

要約すると、

  • 一部テキストに不満があった
  • 価格が高い
  • ミニテストと質問電話が廃止になってしまった

TAC 社労士講座のデメリットは?

「TACの社労士講座の良いところはわかったけど、デメリットはどうなの?」こう思う方もいるでしょう。

TACの社労士講座を受講する際のデメリットをまとめました。

以下の2つです。

  • 講座の価格が高い
  • 教材のボリュームが多い

一つずつ解説していきます。

 TAC 社労士講座のデメリット①:講座の価格が高い

一番のデメリットはやはり、講座の価格でしょう。

通信講座でも20万円以上はするので、他社の講座と比較しても高いことがわかったと思います。

教室を持っていることと多くの講師陣を抱えているため、ある程度費用がかかってしまいます。

ただ、TACの教室や自習室を利用できるなど他社にはないメリットもあるので、そこに魅力を感じるのであればTACの社労士講座はオススメです。

  TAC 社労士講座のデメリット②:教材のボリュームが多い

教材のボリュームが多いのもデメリットの一つです。上の写真は、当ブログに寄稿頂いたTAC受講生の方が実際に使用したテキスト・問題集です。

確かに、見た瞬間に怯むボリュームですよね・・・。

ボリュームは多ですが、試験範囲を網羅した教材になっていますし、中身についてはTACの教材作成の専門チームがいるので、クオリティは非常に高いです。

資格試験テキストの王道の2色刷りテキスト

白黒では味気なさすぎですし、フルカラーでは書き込みがしずらいなどの難点があります。結局は、2色刷りが一番勉強しやすいという人は多いはず。

まとめ:TACの社労士講座をオススメできる人・できない人

TACの社労士講座は業界最大手ということもあり、ハイクオリティで信頼できる講座です。

他社との比較をしながら自分がどの講座に合っているか検討するといいでしょう。

最後に、TACの社労士講座をオススメできる人・できない人をまとめました。

TACの社労士講座をオススメできる人は、

  • 実績もあって信頼できる講座を受けたい方
  • 教材専門チームが作成したハイクオリティな教材で講義を受けたい方
  • TACの教室で講義を聴いたり自習室を利用したい方

TACの社労士講座をオススメできない人は、

  • 講座費用を抑えたい方
  • TACのの教室での講義・答練・演習、自習室に魅力を感じない方

TACから毎年多くの合格者を輩出していますし、評判や口コミを見ても非常に評価の高い信頼できる講座です。

TACでは、無料講座説明会やセミナーが定期的に開催されているので、他社と比較しながら疑問や不安を解消して、学習を始めてほしいと思います。

\早割キャンペーン実施中!9/30まで44,000円OFF

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次